アリオ西新井

アリオ西新井(アリオにしあらい)は、東京都足立区西新井栄町一丁目に立地するセブン&アイ・ホールディングスグループのセブン&アイ・クリエイトリンクが運営する複合商業施設である[1]

アリオ西新井
Ario Nishiarai
地図
店舗概要
所在地 東京都足立区西新井栄町一丁目20番1号[1]
座標 北緯35度46分29秒 東経139度47分9秒
開業日 2007年平成19年)11月9日[1]
正式名称 Ario(アリオ)西新井
施設所有者 セブン&アイ・クリエイトリンク
施設管理者 セブン&アイ・クリエイトリンク
敷地面積 29,028[2] m²
延床面積 107,981[2] m²
商業施設面積 31,000[1] m²
中核店舗 イトーヨーカドーアリオ西新井店[2]
店舗数 111[2]
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 1,550台[1](駐輪台数1,500台)[2]
前身 日清紡東京工場
商圏人口 半径5km圏 950,000人
最寄駅 西新井駅[2]
外部リンク 公式サイト
Ario

概要

日清紡東京工場跡地[3]再開発事業「西新井ヌーヴェル」計画の一つとして2007年平成19年)11月6日にプレオープン[4]、同年11月9日にグランドオープンした[1]イトーヨーカ堂が新業態「アリオ」として運営する大型ショッピングセンターであり、アリオとしては全国で6店舗目 (都内ではアリオ亀有に次ぐ2店目)、イトーヨーカドーとしては176店舗目の店舗としてオープンした。

東武鉄道西新井駅西口そばの環七通り(東京都道318号環状七号線)と尾竹橋通り東京都道461号吾妻橋伊興町線)の交わる場所に位置しており[2]、商業施設としての立地環境に優れている。敷地面積が狭いものの、建物を地上6階地下1階(うち上層階の3フロアが立体駐車場)[2]とすることで延床面積を確保している。

ショッピングセンター内にはイトーヨーカドーを核店舗に[1]TOHOシネマズやファッション、レストランなど111の専門店が入居している[2]。また、周囲にはマンション公園が立地している。

近隣も「西新井ヌーヴェル」の一環として大規模な開発が行われており、道路なども整備されている。

なお、近隣にあった旧イトーヨーカドー西新井店は、2008年(平成20年)8月29日にイトーヨーカ堂のディスカウントストア業態「ザ・プライス」西新井店に転換された[5]のち、現在はヨークプライス西新井店となっている。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を参照。

TOHOシネマズ西新井

TOHOシネマズ西新井
TOHO CINEMAS NISHIARAI
情報
正式名称 TOHOシネマズ西新井
完成 2007年
開館 2007年11月9日
収容人員 1,839人
設備 5.1チャンネルデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
外部リンク TOHOシネマズ西新井

TOHOシネマズ西新井(とうほうシネマズにしあらい)は、アリオ西新井 4階にある全10スクリーンのシネマコンプレックス。 総座席数は1839席(車椅子席20席)。

スクリーン座席数車いす席音響設備
11062デジタル5.1ch
21112
31112
41352
54102
61462
71482
81442
91832
103452

アクセス

脚注

  1. “オープン情報=イトーヨーカ堂「イトーヨーカドーアリオ西新井店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2007年10月24日)
  2. アリオ西新井について”. イトーヨーカ堂. 2014年7月21日閲覧。
  3. 元々は1924年に合併した東京紡績の工場で、西新井工場と称していた。化成事業(現在の日清紡テキスタイル)・摩擦材事業(現在の日清紡ブレーキ)の拠点工場となったが、西新井化成工場→東京工場への改称を経て2002年に操業停止。
  4. 山本仁((2007年11月9日). “イトーヨーカ堂、売価抑制が基本 亀井社長「値上げ、慎重に対処」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社)
  5. “セブン&アイの新業態 ディスカウントストア1号店 『ザ・プライス西新井店』 8月29日(金)開店 東京都足立区” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年9月4日)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.