アラン・グラフェン

アラン・グラフェン(Alan Grafen、生年不詳)はスコットランド生まれの生物学者オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジに入学しリチャード・ドーキンスの元で動物行動学進化生物学を学んだ。現在セント・ジョンズ・カレッジの動物学教授。専門は進化ゲーム理論数理生物学である。姓はグレーブンなどとも訳される。

グラフェンはアモツ・ザハヴィハンディキャップ理論ESSとしてモデル化したことでよく知られている。彼はまたロナルド・フィッシャーランナウェイ説のESSモデルも提示した。また群選択(デーム内集団選択)と血縁選択が本質的に同じものであることも指摘した。2006年には26人の生物学者、哲学者心理学者によるエッセイ集『リチャード・ドーキンス:科学者が我々の思考法を変えた方法』を、同じくドーキンスの教え子であり元同輩であるマーク・リドレーとともに共編した。2011年王立協会フェロー選出。

出版物

  • Modern Statistics for the Life Sciences. Co-author, with Rosie Hails. 2002.
  • Richard Dawkins: How a Scientist Changed the Way We Think. Co-editor, with Mark Ridley. 2006.

脚注

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.