アラン・ギバード

アラン・ギバードAllan F. Gibbard1942年4月7日 - )は、アメリカ合衆国哲学者経済学者。専門は倫理学社会選択理論

現在はミシガン大学リチャード・B・ブランド特別哲学教授(Richard B. Brandt Distinguished University Professor of Philosophy)を務める。とりわけメタ倫理学の分野で重大な業績を残している他、言語哲学形而上学の分野でも活躍した。社会選択理論においても重要な論文を書いており、経済学にも影響力を及ぼしている。

経歴

業績

ギバードの倫理学の理論への貢献は以下の2冊の本にまとめられている。

1つはWise Choices, Apt Feelings: A Theory of Normative Judgment1990年)であり、この中で倫理的な判断と合理性についての判断に関する一般理論を展開している。もう1冊にあたるThinking How to Live2003年)では、規範的な言説(ディスクール)と記述的な言説との区別の再構築について議論している。倫理学や言語哲学以外での業績でよく知られているのは、社会選択理論におけるギバード=サタースウェイトの定理en:Gibbard-Satterthwaite theorem)の定式化である。これは社会的選択や投票の環境において戦略的な操作を防止するのは不可能であることを示した。戦略的操作とは、社会的選択もしくは投票に参加する個人が自らの選好を偽って表明することで自らにとってより望ましい結果を実現することである。

主要著作・論文

  • "Manipulation of Voting Schemes: A General Result" 1973 Econometrica, 41, 587 - 601
  • "A Pareto-Consistent Libertarian Claim" 1974 Journal of Economic Theory, 7, 388 - 410
  • "Contingent Identity" 1975 Journal of Philosophical Logic, 4, 187 - 221
  • "Manipulation of Schemes That Mix Voting with Chance" 1977 Econometrica, 45, 665 - 681
  • "Economic Models" with Hal R. Varian 1978 Journal of Philosophy 75 664 - 677
  • Wise Choices, Apt Feelings: A Theory of Normative Judgment. 1990 Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press
  • Utilitarianism and Coordination. 1990 New York: Garland
  • Thinking How to Live. 2003 Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.