アラム人

アラム人:Aramaeans)とは、古代オリエント遊牧民。隊商貿易で活躍した。

概要

紀元前11世紀頃までに、ユーフラテス川上流に定住した。その拠点としては、ティル・バルシップサマル[1]アルパドビト・アディニなどが挙げられる。その後、シリアに進出して新たな都市国家を形成した。当初はハマ、その後はダマスカスがアラム人勢力の中心となった。

ラクダを用いてシリア砂漠などを舞台に隊商貿易を行った。その後、さらに交易網を拡大し、古代オリエント世界に商業語としての古代アラム語アラム語参照)を定着させた。また、シリア沿岸部のフェニキア人が用いていたフェニキア文字からアラム文字が作られ、その後の西アジア・南アジア・中央アジアの様々な文字に影響を与えた。

脚注

  1. サムアルの表現もみられる。トルコ共和国南東アナトリア地方ガズィアンテプ県イスラーヒエの北約10kmに位置する。現代のトルコでは古代都市遺跡の一つ、ジンジルリ・ヒュユク(ヒュユク(トルコ語: Höyük)は"丘"あるいは"塚"の意)として知られる。Zincirli - Google マップ参照。

関連項目

参考文献

  • 小川英雄山本由美子著『世界の歴史4 オリエント世界の発展』中央公論社、1997年。ISBN 4124034040, ISBN 412205253X (文庫版)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.