アラブ石油輸出国機構

アラブ石油輸出国機構(アラブせきゆゆしゅつこくきこう、英語:Organization of the Arab Petroleum Exporting Countries, 略称OAPEC(オアペック))は、アラブ世界産油国が、石油事業促進を目的として結成した国際機構。本部はクウェートの首都・クウェートシティに置かれている。

加盟国

全ての国が北アフリカ地中海沿岸に集中しているのが特徴的。

加盟候補国

歴史

  • 1968年1月:石油輸出国機構 (OPEC) とは別組織として、クウェート・リビア・サウジアラビアの3カ国で結成。
  • 1970年:アラブ首長国連邦、バーレーン、カタール、アルジェリアが参加。
  • 1972年:イラク、シリア、チュニジアが参加。
  • 1973年:エジプトが参加。
  • 1986年チュニジアが脱退を申請。
  • 1987年:チュニジアの加盟資格が停止。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.