アラニン

アラニン(alanine)とは、アミノ酸のひとつで、グリシンについで2番目に小さなアミノ酸である。アミノ酸の構造の側鎖メチル基CH3)になった構造を持つ。2-アミノプロピオン酸のこと。スペルはalanineで、略号はAあるいはAla。ほとんどすべての蛋白質に普遍的に見られる。

アラニン

アラニンの双性イオン
識別情報
CAS登録番号 338-69-2 (D-isomer) , 56-41-7 (L-isomer), 302-72-7 (racemic)
PubChem 5950
ChemSpider 64234 (D-isomer) 
5735 (L-isomer)
582 (Racemic)
UNII 1FU7983T0U 
EC番号 206-126-4
KEGG C01401 
ChEMBL CHEMBL66693 
720
特性
化学式 C3H7NO2
モル質量 89.09 g mol−1
示性式 CH3CH(COOH)NH2
外観 white powder
密度 1.424 g/cm3
融点

258 °C subl.

への溶解度 可溶
酸解離定数 pKa 2.35 (カルボキシル基), 9.69 (アミノ基)[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

疎水性アミノ酸、非極性側鎖アミノ酸に分類される。蛋白質構成アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸。

生合成

生体内では、解糖系の中間体であるピルビン酸が、アラニントランスアミナーゼによるグルタミン酸からのアミノ基の転移を受けて生合成される。

物性

  • 等電点 6.00
  • 溶解性 水・蟻酸に易溶、エタノール・ジエチルエーテルに不溶、希塩酸・希硫酸に可溶。
  • 溶解度(水、g/100g) 15.8(20℃)、19.6(40℃)、24.3(60℃)
  • ファンデルワールス半径 67

出典

  1. Dawson, R.M.C., et al., Data for Biochemical Research, Oxford, Clarendon Press, 1959.

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.