アメーバ赤痢

アメーバ赤痢(アメーバせきり, Amoebiasis)とは、アメーバ赤痢(Entamoeba histolytica)による消化器伝染病。日本では感染症法において五類感染症に指定されている。アメーバ赤痢は大腸に寄生し、糞便中にシストを排泄する。性行為で広がることもある。世界では年間4~10万人が、アメーバ赤痢によって死亡していると推定される[3]

Amoebiasis
amoebic dysentery, amebiasis, entamoebiasis[1][2]
Entamoeba ライフサイクル
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
感染症
ICD-10 A06
ICD-9-CM 006
DiseasesDB 4304
MedlinePlus 000298
eMedicine article/212029 article/996092
MeSH D000562

疫学

世界各地でみられ、特に熱帯亜熱帯での発生が多い。日本では開発途上国旅行者での発生が見られる。先進国では性感染症として問題視されている。感染源は回復期患者、サルネズミ、シストに汚染された飲食物などであり、感染経路はシストの経口感染ハエゴキブリによる機械的伝播も起こる。

症状

  • ヒト
    • 腸アメーバ症と腸外アメーバ症がある。大腸・直腸肝臓潰瘍を生じ、いちごゼリー状の粘液血便を一日数回-数十回する。断続的な下痢、腸内にガスがたまる、痙攣性の腹痛。通常は発症しても軽症であるが、衰弱により死亡することもある。原虫が門脈を経由し肝臓に達し腸外アメーバ症を発症する。
  • 動物(サル、ネズミ、ブタ、ネコ、イヌなど)
    • 一般に無症状。イヌでは稀に激しい下痢を起こす。

診断

検便でアメーバ赤痢病原体を検出する(ルゴール染色エオジン染色)。腸外型は血清アメーバ抗体で検査。

治療法

抗アメーバ薬などを投与する。放置すると慢性化し再発しやすくなる。

予防

飲食物の加熱や手洗いの励行、適切な糞便処理が予防に有効である。また、シスト排泄者との接触に注意する必要もある。ワクチンは存在しない。

脚注

  1. Entamoebiasis - MeSH - NCBI”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2015年7月21日閲覧。
  2. Entamoebiasis”. mesh.kib.ki.se. 2015年7月21日閲覧。
  3. Atlas of Human Infectious Diseases, First Edition. Heiman F.L. Wertheim, Peter Horby and John P. Woodall., 2012, Blackwell Publishing Ltd.

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.