アメリカ軍の国籍旗

アメリカ軍国籍旗(Jack of the United States)について説明する。現行の国籍旗は、2019年6月より元に戻された「ユニオン・ジャック(Union Jack、イギリス国旗の通称とは別)」である。デザインは星条旗のカントン部をそのまま拡大したもので、国旗と同様に、州の数が増えるたびに星の数も増えてゆき、現行のデザインは1960年7月4日に初めて採用された。

アメリカ軍の国籍旗
用途及び属性 ?
縦横比 71:100
制定日 2019年6月4日
(初採用は1960年7月4日
使用色

概要

アメリカ合衆国では多くの国と異なり、個別の軍艦旗は制定されておらず、星条旗を掲揚する。また、航行時でも艦尾でなくメインマストに掲げる[1] 。一般的に軍艦旗が半旗の際は、国籍旗も半旗にされるが、アメリカ海軍では、儀礼として軍艦旗を一時下げる際に国籍旗を下げることはない[2]

アメリカ独立戦争時に用いられていた国籍旗は「ファースト・ネイビー・ジャック(First Navy Jack)」と呼ばれ、デザインは星条旗と同じ赤白13本の横縞を背景にガラガラヘビ、ヘビの下に「DONT TREAD ON ME(私を踏みつけるな=我々の自由と権利を蹂躙するな)」のモットーが描かれている。1975年から1976年の建国200周年記念祭の時に期間限定で用いられたほか[3]1980年以降は海軍最古の現役艦艇のみが掲揚するのが慣例であったが、同時多発テロ対テロ戦争から1年経った2002年9月11日に国籍旗として復活、ユニオン・ジャックはNOAA等の連邦政府機関・省庁の非海軍艦艇および商船旗として掲揚されていた。

2019年2月21日に、海軍作戦部長は2019年6月4日(ミッドウェー海戦記念日)をもって、国籍旗をユニオン・ジャックに戻すことを指示した[4][5][6]。ファースト・ネイビー・ジャックは、再び現役最古の艦艇(2019年時点では「ブルー・リッジ」)が掲揚することとした[7]

また、アメリカ沿岸警備隊は厳密には軍の一つであるが、独自の艦艇旗(軍艦旗にあたるもの)を掲揚する。

民間では、国籍旗と似たデザインの「ガズデン旗」と呼ばれる旗が、愛国心を誇示する意図でよく用いられる。ティーパーティー運動とも関連づけられ、2021年の連邦議会議事堂襲撃事件の際にも多くの抗議参加者が掲げ、犠牲者も掲げていた旗である。

水兵により掲揚されるアメリカ海軍国籍旗
ガズデン旗 DONT TREAD ON MEは、「踏みつけるな」という意味である

国籍旗の変遷

星の数デザイン使用期間備考
0
もしくは
1776年1月8日1777年6月14日デザインはガラガラヘビが描かれたものと無いものの両方が混用された。
131777年6月14日1795年5月1日? 星の配置には複数の事例有。
151795年5月1日1818年7月3日? 擬似戦争米英戦争
201818年7月4日1819年7月3日?
211819年7月4日1820年7月3日?
231820年7月4日1822年7月3日?
241822年7月4日1836年7月3日?
251836年7月4日1837年7月3日?
261837年7月4日1845年7月3日?
271845年7月4日1846年7月3日?
281846年7月4日1847年7月3日?
291847年7月4日1848年7月3日?
301848年7月4日1851年7月3日?
311851年7月4日1858年7月3日?
321858年7月4日1859年7月3日?
331859年7月4日1861年7月3日? 南北戦争
341861年7月4日1863年7月3日
351863年7月4日1865年7月3日
361865年7月4日1867年7月3日?
371867年7月4日1877年7月3日?
381877年7月4日1890年7月3日?
431890年7月4日1891年7月3日?
441891年7月4日1896年7月3日?
451896年7月4日1908年7月3日? メイン号沈没事故米西戦争グレート・ホワイト・フリート
461908年7月4日1912年7月3日?
481912年7月4日1959年7月3日? 第一次世界大戦第二次世界大戦朝鮮戦争
491959年7月4日1960年7月3日?
501960年7月4日1975年10月12日[3]
01975年10月13日1976年12月31日[3]アメリカ建国200周年記念祭に期間限定で復活。
501977年1月1日2002年9月11日[3][8]
02002年9月11日2019年6月3日同時多発テロ以降の対テロ戦争で復活[8]
502019年6月4日

関連項目

脚注

  1. United States Naval Jack
  2. United States Navy. Basic Military Requirements (BMR) Revised Edition
  3. The U.S. Navy's First Jack”. 2006年10月1日閲覧。
  4. Chief of Naval Operations Public Affairs (2019年2月21日). Navy Returns to Flying Union Jack”. United States Navy. 2019年2月23日閲覧。
  5. The Colors of a Navy and Nation”. The Sextant. 2020年4月8日閲覧。
  6. Wayback Machine”. Web.archive.org (2019年2月26日). 2019年6月6日閲覧。
  7. Change ordered 2002-05-31, executed on date shown.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.