アメリカ合衆国大統領首席補佐官

アメリカ合衆国大統領首席補佐官(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅせきほさかん、: Assistant to the President and Chief of Staff)は、大統領の職務を補佐する大統領補佐官である。

アメリカ合衆国
大統領首席補佐官
Assistant to the President and
Chief of Staff
ホワイトハウス事務局紋章
現職者
ロン・クレイン(第31代)
Ronald Alan Klain

就任日 2021年1月20日
行政府
種類閣僚
所属機関大統領顧問団
担当機関ホワイトハウス事務局
任命大統領
ジョー・バイデン
初代就任1946年
初代ジョン・スティールマン
ウェブサイトwww.whitehouse.gov

首席補佐官は、必要な時にはいつでも大統領に会うことができるなど、ウエストウイングを実質的に取り仕切る職務であり、ホワイトハウス事務局職員のトップに立つ人物である。首席補佐官の下には数名の次席補佐官が置かれる。

首席補佐官の職務内容と歴史

首席補佐官の職務内容は非常に広範囲にわたるが、一般的に首席補佐官は他のホワイトハウス職員を監督・統括し、大統領のスケジュールを取り扱い、大統領と訪問者との面会を調整する。この大統領と訪問者の面会を調整するという職務ゆえに、首席補佐官は「大統領の砦」と呼ばれることがある。非公式には首席補佐官は大統領と最も親しい政策アドバイザーの中の1人であって、また個人的にも友人であることが多い。ただし、首席補佐官という職は閣僚(国務大臣)と兼任する日本の内閣官房長官とは異なり、閣僚外の役職であり[1]、議会同意人事ではなく、大統領権限継承順位にも入っていない。ただ、前記のように大統領の補佐役として権力を握ることから、一般的には閑職とされてきた副大統領よりも実質的な権限を持つとも言われ[2]、ホワイトハウスの影のナンバー2と言われることもある。

必ずしも全ての大統領が公式に首席補佐官を置いたわけではない。ケネディ大統領は置かなかったし、カーター大統領も任期のほぼ終わりまでは置かなかった。トルーマン大統領、ジョンソン大統領、そしてジョージ・W・ブッシュ大統領以外の大統領はすべて、任期の途中で首席補佐官を代えた。なぜなら首席補佐官という職務は、高度のストレスを受ける職務であるからだと言われている。それを示すように、首席補佐官の平均職務期間は2年と少しに満たないくらいである。最も長く首席補佐官を務めたのは、ハリー・S・トルーマン政権下で6年間務めたジョン・スティールマンである。

多くの首席補佐官は就任前より政治家としてのキャリアを積んでおり、その多くが退任後に他の更なる上級職の経歴を持つことになる。その例としては、ニクソン大統領の首席補佐官を務めた後に国務長官になるアレクサンダー・ヘイグジェラルド・フォード大統領の首席補佐官を務めた後に国防長官を務めたディック・チェイニードナルド・ラムズフェルドなどが挙げられる。

大統領首席補佐官 一覧

代数 首席補佐官 在任 大統領
1 ジョン・スティールマン 1946年 - 1952年 ハリー・トルーマン
2 シャーマン・アダムズ 1953年 - 1958年 ドワイト・アイゼンハワー
3 ウィルトン・パーソンズ 1958年 - 1961年
不在 1961年 - 1963年 ジョン・ケネディ
4 マーヴィン・ワトソン 1963年 - 1968年 リンドン・ジョンソン
5 H・R・ハルデマン 1969年 - 1973年 リチャード・ニクソン
6 アレクサンダー・ヘイグ 1973年 - 1974年
7 ドナルド・ラムズフェルド 1974年 - 1975年 ジェラルド・フォード
8 ディック・チェイニー 1975年 - 1977年
不在 1977年 - 1979年 ジミー・カーター
9 ハミルトン・ジョーダン 1979年 - 1980年
10 ジャック・ワトソン 1980年 - 1981年
11 ジェイムズ・ベイカー 1981年 - 1985年 ロナルド・レーガン
12 ドナルド・リーガン 1985年 - 1987年
13 ハワード・ベーカー 1987年 - 1988年
14 ケネス・デュバースタイン 1988年 - 1989年
15 ジョン・ヘンリー・スヌヌ 1989年 - 1991年 ジョージ・H・W・ブッシュ
16 サミュエル・スキナー 1991年 - 1992年
17 ジェイムズ・ベイカー 1992年 - 1993年
18 マック・マクラーティ 1993年 - 1994年 ビル・クリントン
19 レオン・パネッタ 1994年 - 1997年
20 アースキン・ボウレス 1997年 - 1998年
21 ジョン・ポデスタ 1998年 - 2001年
22 アンドルー・カード 2001年 - 2006年 ジョージ・W・ブッシュ
23 ジョシュア・ボルテン 2006年 - 2009年
24 ラーム・エマニュエル 2009年 - 2010年 バラク・オバマ
ピート・ラウス(代理) 2010年 - 2011年
25 ウィリアム・デイリー 2011年 - 2012年
26 ジェイコブ・ルー 2012年 - 2013年
27 デニス・マクドノー 2013年 - 2017年
28 ラインス・プリーバス 2017年 ドナルド・トランプ
29 ジョン・F・ケリー 2017年 - 2019年
ミック・マルバニー(代理) 2019年 - 2020年
30 マーク・メドウズ 2020年 - 2021年
31 ロン・クレイン 2021年 - 現職 ジョー・バイデン

脚注

  1. ただし、閣僚級という扱いになっており、閣議には出席することができる。
  2. ただし、近年の副大統領は大統領と職務を分担する傾向が強くなっており、必ずしも閑職とは言えなくなってきている部分もある。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.