アムホテリシンB

アムホテリシンB(アンフォテリシンB、アンポテリシンB、amphotericin B)とはポリエン系抗生物質の1つ。真菌細胞膜エルゴステロールと結合し、膜に小孔を作ることにより殺菌的に作用する。単体では黄色の結晶。

アムホテリシンB
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 ファンギゾン、アムビゾーム、Fungizone, Mysteclin-F
Drugs.com monograph
胎児危険度分類
  • US: B
    法的規制
    • JP: 毒薬、処方箋医薬品
    • US: Rx-only, hospitalization recommended.
    投与方法 経静脈、経口投与
    薬物動態データ
    生物学的利用能100% (IV)、経口ではほぼ吸収されない
    代謝腎臓
    半減期初期半減期は24時間、消失半減期は約15日
    排泄極めて緩徐に尿中へ排泄される
    胆汁排泄については不明
    識別
    CAS番号
    1397-89-3 
    ATCコード A01AB04 (WHO) A07AA07 (WHO), G01AA03 (WHO), J02AA01 (WHO)
    PubChem CID: 14956
    DrugBank DB00681 
    ChemSpider 10237579 
    KEGG D00203  
    ChEBI CHEBI:2682 
    ChEMBL CHEMBL267345 
    NIAID ChemDB 000096
    化学的データ
    化学式C47H73NO17
    分子量924.091

    薬効

    アスペルギルス属カンジダ属クリプトコッカス属を含む、幅広い真菌に対して効果を示す。腎毒性があるが、ナイスタチンよりは弱いため、全身性の真菌症には良い適応である。アゾール系抗真菌薬等が著効するような軽症の真菌感染症については本剤ではなく他剤を第一選択とすることが推奨されている(消化管感染症を除く:後述)。日本ではファンギゾン、そしてドラッグデリバリーシステム(DDS)を利用したアムビゾームなどが上市されている。アムビゾームではリポソームに包むことにより副作用が軽減されている。原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)を引き起こすフォーラーネグレリアに対しても効果が認められている。

    投与経路

    経口投与による吸収はほとんど認められないため、肺真菌症や真菌性髄膜炎といった病態では、注射薬として使用する。ただし消化管の真菌感染症に限っては内服投与される。特に食道カンジダや口腔内カンジダ症には、病巣に直接付着して作用するシロップ剤が内服薬が用いられる(ファンギゾンシロップなど)。

    参考文献

    • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.