アムステルダム大学

アムステルダム大学(オランダ語:Universiteit van Amsterdam、英語:University of Amsterdam)はオランダアムステルダムにある国立の総合大学である。オランダでは「UvA」と略して呼ばれる。この大学は、欧州のエリートネットワークであるヨーロッパ研究大学連盟に名を連ね、オランダの大学の中で最高位におかれる。

アムステルダム大学
Universiteit van Amsterdam
ラテン語: Athenaeum Illustre
種別 国立大学
設立年 1632年
学長 Geert ten Dam
教員数
6000名(2020年)
学生総数 35000名 (2020年)
所在地 オランダ
アムステルダム
キャンパス 都市型
スクールカラー Red & Black          
公式サイト www.uva.nl/en

アムステルダム大学は、人文科学社会・行動科学経済経営学法学自然科学医学歯学の7つの学部で構成されている。この大学は、欧州域内でも規模の大きな研究型大学であり、学生数 35,000人(うち、外国人学生 5,000人)、スタッフ 6,000人、博士課程の学生 3,000人、年間予算 8.5億ユーロ を擁する。

この大学では、近年、外国人学生が増加傾向にあり、2017年現在、100以上の修士レベルのプログラムが英語で提供されている。一方、学士レベルのプログラムは、基本的にオランダ語であるが、後述するように、2009年に英語での教育を基本とするリベラルアーツカレッジ(アムステルダム大学カレッジ(Amsterdam University College))が学内に設立された。

ヨーロッパ連合内の動きとして、1999年に合意されたボローニャ協定がアムステルダム大学では2003年に取り入れられ、大学内の構造に変化を与えた。その結果、オランダ古来の学位名は破棄され、イギリスをモデルとした学士・修士号が授与されることとなった。これにより、オランダの学位レベルの国際的比較が容易になった。

歴史

キャンパス

1632年に教会所属のAthenaeum Illustreとして設立。初期の学生数は6人。講義は教授の自宅でおこなわれることも多かったといわれる。17世紀後半には、哲学のほかに、法学医学宗教学が追加された。Athenaeum Illustreの発展は非常にゆるやかで、19世紀に入っても学生数250人、教授数8人という所帯だった。ナポレオン戦争の後の1815年、高等教育機関として公式に認可された。1877年にはアムステルダム市立大学(Gemeentelijke Universiteit)と名前を変更し、博士号を授与する権威を得た。アムステルダム市長が大学の最高幹部となり、アムステルダム市の伝統である自由闊達な空気は、市立大学の自治に多大な影響を与えた。1961年、オランダ国内の大学システム変革の一環として、国がアムステルダム市に換わって大学の財政を担うこととなり、名称がアムステルダム大学(Universiteit van Amsterdam)と変わり、今日にいたる。

アムステルダム大学は、世界中で学生紛争が起こった1969年に、大学本部のあるマーフデンハウス(Maagdenhuis)が大学民主化を求める学生によって占拠され、機動隊と激突した。2007年に就任したファン・デン・ボーン学長は、オランダ史上初の女性大学学長

教育プログラム

オランダの大学は、イギリスの大学と同様に、基本的に3年間で学士の学位を取得する。従って、一般的に日本アメリカ合衆国のような教養課程はなく、1年生から専門教育がなされる。そして、教養課程のような科目選択の自由は少ない。

一方、2009年にリベラル・アーツ・カレッジであるアムステルダム大学カレッジ(Amsterdam University College)が学内に設立された。このカレッジは、アムステルダム大学(University of Amsterdam : UvA)とアムステルダム自由大学(VU Amsterdam)が共同で運営するリベラル・アーツ・カレッジであり、科目選択の自由を強みにしている全寮制のカレッジである。その教育課程はすべて英語であり、3学年でおよそ900人の学生がここで学んでいる。このカレッジには、オランダだけでなく、世界65カ国から学生が集まる。このカレッジの卒業生は、オランダ国内の大学院の他、イギリスをはじめとする欧州各国の大学院に進む者が多い。

カレッジを除くアムステルダム大学は、基本的にオランダ語による学士プログラムであるが、英語が使えて当然とされている。初めの1年を終えた者には初級認定(Propedeus),その後2年で学士号(Bachelor)、さらに1年ないし2年を経て論文を提出した者には修士号(Master)が授与される。博士号を希望する者は、学生ではなく助手(Assistent in Opleiding)の地位が与えられ、大学スタッフとして扱われる。すべての教育プログラムは、オランダ・フランダース認定協議会(NVAO)による審査を定期的に受け、クオリティーを保証される。

キャンパス

アムステルダム大学は、市内に4つのキャンパスを有する。

【University Quarter】アムステルダムの市街地に位置し、人文系学部とアムステルダム大学図書館がある。

【Roeterseiland Campus】アムステルダムの市街地に位置し、経済学部、経営学部、社会・行動科学部、法学部等の他、学生文化の拠点がある。

【Amsterdam Science Park】欧州最大級のサイエンスパークであり、自然科学系の学部およびアムステルダム大学カレッジ(Amsterdam University College)がある。

【Amsterdam UMC】アムステルダム市内の南東部に位置し、大学病院と医学部がある。大学病院は、オランダを代表する病院の一つである。

この大学は、5つの博物館を有している。アラードピアソン博物館、ヴロリック博物館、JAドルトムントスクリプト博物館、UvAコンピューター博物館、動物園博物館アムステルダムである。また、図書館は、アムステルダム大学図書館以外、各学部に図書館がある。

各学部には学生自治会が存在し、選挙で選ばれた学生メンバーが学部側と授業内容や改善点などを協議している。大学が運営してきた学生食堂やバーは2005年に外部の営利企業に委託された。

国際活動

最も際立つものは、EUのスポンサーを受けたエラスムス交換留学プログラムによる、外国人留学生であろう。EU外の国々とも個別の交換留学プログラムがあり、世界各国と交流がある。他国へ留学するオランダ人学生も多いが、アムステルダム大学は外国人学生に人気が高いので、常に入超状態となっている。日本とは慶應義塾大学東北大学早稲田大学、上智大学広島大学の各大学と交流がある。

この大学は、欧州のエリートネットワークであるヨーロッパ研究大学連盟に名を連ね、オランダの大学の中で最高位におかれる。最近の世界大学ランキングは、アメリカの「New & World Report Ranking 2020」で世界40位(オランダ1位)、イギリスの「QS Top Universities Ranking 2021」で世界61位(オランダ2位)、イギリスの「Times Higher Education Ranking 2021」で世界66位(オランダ2位)であった。この大学は、これまでに6名のノーベル賞受賞者と7名のスピノザ賞受賞者を輩出している。スピノザ賞はオランダで最高の科学賞である。

卒業生・講師陣

脚注

    関連項目

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.