アミノ安息香酸エチル

アミノ安息香酸エチル(アミノあんそくこうさんエチル、ethyl 4-aminobenzoate)または、ベンゾカイン: Benzocaine)はエステル型の局所麻酔薬の一種。pKaは3.5、遊離塩基は水に難溶性である。

アミノ安息香酸エチル
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: C
    投与方法 内服、外用
    識別
    CAS番号
    94-09-7
    ATCコード C05AD03 (WHO) D04AB04 (WHO), N01BA05 (WHO), R02AD01 (WHO)
    PubChem CID: 2337
    DrugBank APRD00539
    ChemSpider 13854242
    KEGG D00552
    化学的データ
    化学式C9H11NO2
    分子量165.189 g/mol

    効能

    感覚神経を麻痺させ、痛みの伝達を遮断する。内服薬としては、の痛みや吐き気を抑えるため胃腸薬乗り物酔い防止薬に配合される。外用薬としては軟膏などに配合され、外傷虫さされなどの痛み・痒みの緩和に使用される。

    副作用

    内服の場合は、口の渇きや便秘または下痢が生じることがある。メトヘモグロビン血症を引き起こすおそれがあるため、6歳未満の幼児は禁忌。外用の場合は副作用は少ないとされている。ウサギに経口投与した場合の最小致死量は1,150mg/kg、マウスに皮下注射した場合の半数致死量は1,700mg/kg。

    解毒薬

    ベンゾカインの解毒にはメチレンブルーを用いる。

    参考資料

    • 齋藤洋、福室憲治、武政文彦『一般用医薬品学概説(第2版)』じほう、2006年。ISBN 9784840735940。
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.