アミドトリゾ酸

アミドトリゾ酸 (アミドトリゾさん, Diatrizoate, amidotrizoate)X線撮影で用いられる造影剤。単純X線撮影では可視化できない消化管静脈、尿路系、脾臓関節などを描出する。コンピュータ断層撮影 (CTスキャン)[1] でも用いられる。経口、経静脈、経尿道、経直腸、経カテーテルといった投与方法で用いられる[2]

アミドトリゾ酸
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 ガストログラフィン, ウログラフィン, Hypaque, Gastrografin, Iothalmate, Urografin, など
Drugs.com
法的規制
識別
CAS番号
737-31-5
PubChem CID: 2140
DrugBank DB00271
ChemSpider 2055
KEGG D02240
ChEBI CHEBI:53691
ChEMBL CHEMBL1201220
別名 amidotrizoic acid, diatrizoic acid, 3,5-diacetamido-2,4,6-triiodobenzoic acid
化学的データ
化学式C11H9I3O4
分子量613.9 g/mol

比較的多くみられる副作用には、嘔吐下痢皮膚の発赤などがある[3]。他にもかゆみ、腎臓障害低血圧アレルギー反応などがある。 ヨウ素アレルギーでは用いられない。アミドトリゾ酸は高浸透圧ヨウ素イオン造影剤である。

薬理

アミドトリゾ酸の構成元素であるヨウ素は高いX線吸収能をもつ.これに基づき,本剤の存在部位はX線が通らず、他の組織はX線が透過し、画像上のコントラストが生じる。

医療用

  • ガストログラフィン®硫酸バリウムの替わりとして上部消化管透視や小腸透視で用いられる。バリウムに対するアレルギーのある場合や、バリウムが腹腔内に漏れる可能性のある場合などが代替の適応となる。バリウムと同様には胃や腸の粘膜を描出できないため一般的なX線透視では用いられない。
  • 腎盂造影では ウログラフィン®の静脈内投与が行われる。
  • 回虫の駆虫にも用いられる[4][5]。アミドトリゾ酸は、回虫を殺さずに、消化液とともに滑らせ、排泄することで駆虫する。小腸内で嵌入した回虫塊による腸閉塞を改善できる可能性がある[6]
  • アニサキスの駆虫にも有効であることが報告されている[7]
  • 日本海裂頭条虫の駆虫は、プラジカンテルの内服とアミドトリゾ酸の服用・注入[8][9] が代表的なものである。プラジカンテルは駆虫率90〜100%、アミドトリゾ酸は駆虫率約78%とされる。

適応症

  • ガストログラフィン
    • 消化管撮影
    • コンピュータ断層撮影における上部消化管造影
  • ウログラフイン注60%
    • 逆行性尿路撮影,内視鏡的逆行性膵胆管撮影(ERCP),経皮経肝胆道撮影(PTGB),関節撮影
  • ウログラフイン注76%

投与法

  • 造影CT、腎臓や尿路などの造影、血管造影では静脈内投与 が行われる。
  • 消化管の造影には、経口や経直腸的、経カテーテルで投与される。
  • 尿路造影には、フォーリーカテーテルを経由して投与する。

化学

アミドトリゾ酸は高浸透圧の造影剤であり、浸透圧は50%溶液で約1500 mOsm/kg[10]、76%溶液で2000mOsm/kg以上である。[11]

参考文献

  1. WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). p. 316. ISBN 9789241547659. http://apps.who.int/medicinedocs/documents/s16879e/s16879e.pdf 2016年12月8日閲覧。
  2. Thomsen, Henrik; Muller, Robert N.; Mattrey, Robert F. (2012) (英語). Trends in Contrast Media. Springer Science & Business Media. p. 13. ISBN 9783642598142. https://books.google.ca/books?id=Bun1CAAAQBAJ&pg=PA13
  3. Diatrizoate Side Effects in Detail - Drugs.com”. www.drugs.com. 2016年12月31日閲覧。
  4. Sood. Surgical Diseases in Tropical Countries. Jaypee Brothers Publishers. pp. 72–. ISBN 978-81-7179-444-7. https://books.google.com/books?id=kpxMrfCtUs8C&pg=PA72 2010年8月11日閲覧。
  5. Moshe Schein; Paul Rogers; Ahmad Assalia (2010). Schein's Common Sense Emergency Abdominal Surgery. Springer. pp. 391–. ISBN 978-3-540-74820-5. https://books.google.com/books?id=BUdLUsbxTjQC&pg=PA391 2010年8月11日閲覧。
  6. http://www.medscape.com/viewarticle/439595_4
  7. 藤田朋紀. 鉤頭虫の小腸寄生例を含む7例における発見契機、診断法、治療法に関する検討. 第13回日本消化管学会. 2017.
  8. http://archive.jsge.org/congress/detail/77130
  9. 谷本達郎ほか. ガストログラフィンで駆虫しえた家族内感染広節裂頭条虫症. 広島医学 2001;54(11):924.
  10. Amersham Health (2006年4月). Hypaque sodium (Diatrizoate Sodium) injection, solution. Product label”. DailyMed. U.S. National Library of Medicine. 2007年3月29日閲覧。
  11. Amersham Health (2006年4月). Hypaque (Diatrizoate Meglumine and Diatrizoate Sodium) injection, solution. Product label”. DailyMed. U.S. National Library of Medicine. 2007年3月29日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.