アピゲニン 4'-O-メチルトランスフェラーゼ

アピゲニン 4'-O-メチルトランスフェラーゼ(Apigenin 4'-O-methyltransferase、EC 2.1.1.75)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

S-アデノシル-L-メチオニン +5,7,4'-トリヒドロキシフラボンS-アデノシル-L-ホモシステイン + 4'-メトキシ-5,7-ジヒドロキシフラボン
アピゲニン 4'-O-メチルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.1.1.75
CAS登録番号 118251-36-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO

従って、この酵素の2つの基質はS-アデノシル-L-メチオニン5,7,4'-トリヒドロキシフラボン、2つの生成物はS-アデノシル-L-ホモシステイン4'-メトキシ-5,7-ジヒドロキシフラボンである。

この酵素は、転移酵素、特に1炭素基を転移させるメチルトランスフェラーゼのファミリーに属する。系統名は、S-アデノシル-L-メチオニン:5,7,4'-トリヒドロキシフラボン 4'-O-メチルトランスフェラーゼである。その他よく用いられる名前に、flavonoid O-methyltransferase、flavonoid methyltransferase等がある。この酵素は、フラボノイドの生合成に関与している。

出典

    • Kuroki G and Poulton JE (1981). “The para-O-methylation of apigenin to acacetin by cell-free extracts of Robinia pseudoacacia L”. Z. Naturforsch. C: Biosci. 36: 916920.
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.