アバンギャルド

アバンギャルド、または、アヴァンギャルド: avant-garde[1]、漢語表現で「前衛」と呼ばれているものについて解説する。

概要

フランス語でもともと「前衛部隊[† 1]」を指す語であり「最先端に立つ人」、芸術の文脈においては、《革新的な試み》や《実験的な試み》を指すようになった。

美術音楽映画演劇舞踏文学書道生け花など、各分野で「アバンギャルド」と呼ばれる表現が存在する。漢字で表現する場合は「前衛」とし「前衛芸術」「前衛美術」「前衛音楽」「前衛文学」等の用語・概念がある。

「アバンギャルド」がもともと軍事用語を引用したことからも「何かへの攻撃の先頭に立つ」というような、政治的ニュアンス、挑戦的な姿勢を示す言葉である(例えば、旧世代に属する芸術、保守的な権威資本主義体制など、様々なものへの挑戦する姿勢戦いを挑む気概などを含んでいるものを指す用語・概念である)。

政治的ニュアンスを含んだ言葉としての最初の使用例はアンリ・ド・サン=シモン[2]の『新キリスト教』(1825年)とされている。ロシア革命前後に起こったロシア・アヴァンギャルド[3]は、革命を象徴する芸術活動として活発な活動を行った。

1960年代がアバンギャルドの全盛期であった。保守化が目立った1980年代には、「"前衛"は(もう)古い」と見なすような風潮が見られたが、21世紀に入ってから再評価され、復活してきている。

類義語
「avant-garde」の類語に「experimental...(実験...)」がある。
「avant-garde」と「contemporary~」との相違点
「contemporary~ コンテンポラリー~(現代~)」が類語として用いられることもあるが、「contemporary」は単に「現代(同時代)」でしかなく、基本的に「時」や「時代」で線引きしているにすぎず、場合によっては、既存の価値観やシステムにすっかり屈服してしまった、なんら革新性の無いものですら含みうる。 よって、「avant-garde」(既存のものに挑戦する姿勢を指す概念)と「contemporary」とは、根本の概念が異なっている。
たとえばある時代の映画の現場全体が「前衛」の気質に満ちていると、その時代の「現代映画」は「前衛美術」でありうるが、その時代の映画の現場が反骨精神を欠いていたら(たとえば、その時代の映画が既存の権益に迎合して、たとえば営利主義に満ちていたりしたら)その時代の「現代映画」は「前衛映画」とは異なっている、という関係になる。1960年代は「現代~」という表現を「前衛~」と同義語として用いることができたが、それは1960年代が「たまたま」)前衛芸術の全盛期だったからである。類義語と見なせたのは、過去の話である。その後、世の風潮が、既存の価値観に迎合的になってしまった近年では「現代~」と「前衛~」は、しばしば、指す活動内容や、指す芸術家のリストが異なっている。

詳細

アバンギャルドという言葉のもつ「(既存のものへの)挑戦的な姿勢」という概念は、芸術制作の一部ジャンルとして存在する。用語として「アバンギャルド」「前衛芸術」というとき、それは20世紀に起きた一連の芸術運動のことを指す。イタリアのライター、レナート・ポッチェリは1962年の著書で、ヴァンガード文化がボヘミア文化の多様性や、サブジャンルである可能性を指摘した。

前衛美術

前衛音楽

カールハインツ・シュトックハウゼンヤニス・クセナキスピエール・ブーレーズルイジ・ノーノ,リゲティ・ジェルジュ, ジョン・ケージオーネット・コールマンアルバート・アイラーデレク・ベイリームーンドッグ

実験音楽」参照 

前衛演劇

アンチテアトルオフ・ブロードウェイオフ・オフ・ブロードウェイen:The Living Theatreなど)、アングラ演劇など。

アングラ演劇の代表は、1960年代の激動の時代を反映した寺山修司天井桟敷劇団黒テントなど。現在でも月触歌劇団演劇実験室◎万有引力J・A・シーザーらが、寺山のスピリットを引き継いだ演劇を発表している。

前衛文学

埴谷雄高の『死靈』などがこれにあたる。

前衛映画

実験映画 も参照

ジョナス・メカス、アレッハンドロ・ホドロフスキー、デンマークのドグマ95など。

前衛舞踏

大野一雄土方巽伊藤ミカらが活躍した。暗黒舞踏も、この分野に含まれる。

前衛書道

前衛書道を参照。

前衛生け花

中川幸夫による前衛生け花が知られている。

前衛芸術の例(世界)

前衛芸術の例(日本)

注釈

  1. 英語vanguard または advance guard にあたる。

出典

関連項目

批判・反動

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.