アテローム性動脈硬化

アテローム性動脈硬化(アテロームせいどうみゃくこうか)は、プラークの蓄積により動脈内が狭くなる疾患である[7]

アテローム性動脈硬化
別称 Arteriosclerotic vascular disease (ASVD)
The progression of atherosclerosis (narrowing exaggerated)
診療科 Cardiology, angiology
症候学 None[1]
通常の発症 Youth (worsens with age)[2]
原因 Unknown[1]
リスクファクター High blood pressure, diabetes, smoking, obesity, family history, unhealthy diet[3]
合併症 Coronary artery disease, stroke, peripheral artery disease, kidney problems[1]
予防 Healthy diet, exercise, not smoking, maintaining a normal weight[4]
使用する医薬品 Statins, blood pressure medication, aspirin[5]
頻度 ≈100% (>65 years old)[6]

一般的に初期は無症状である[1]が、重症化すると、影響を受ける動脈箇所によって、虚血性心疾患脳卒中閉塞性動脈硬化症腎臓障害を発症する場合がある[1]。アテローム性動脈硬化は発症しても、中年まで症状が発現しないのが一般的である[1]

正確な原因は不明である[1]が、危険因子には異常なコレステロール値高血圧糖尿病喫煙肥満、家系、不健康な食事などがあげられる[3]

プラークは、脂肪、コレステロールカルシウム血液中に含まれるその他の成分で構成されている[7]。動脈が狭くなると、体の一部への酸素の供給が制限される[7]。診断は、身体診察、心電図運動負荷テストに基づいて行われる[8]

予防は一般的に、健康的な食事をとること、運動をすること、喫煙をしないこと、正常な体重を維持することである[4]

治療には、スタチンなどのコレステロール値を下げる薬、血圧治療薬アスピリンなどの凝固を低下させる薬などが用いられる[5]経皮的冠動脈形成術冠状動脈バイパス移植頸動脈内膜剥離術などの外科的治療が行われる場合もある[5]

アテローム性動脈硬化は、一般に若年時期に発症し、年齢とともに悪化する[2]。ほとんどの人が65歳までにある程度の影響を受ける[6]

アテローム性動脈硬化は、先進国において最も多い死因と障害の一つである[9]。アテローム性動脈硬化が最初に説明されたのは1575年であるが[10]、5千年以上前に発症した証拠がある[10]

References

  1. What Are the Signs and Symptoms of Atherosclerosis? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月5日閲覧。
  2. What Causes Atherosclerosis? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月6日閲覧。
  3. Who Is at Risk for Atherosclerosis? (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月5日閲覧。
  4. How Can Atherosclerosis Be Prevented or Delayed? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月6日閲覧。
  5. How Is Atherosclerosis Treated? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月6日閲覧。
  6. Aronow, Wilbert S.; Fleg, Jerome L.; Rich, Michael W. (2013) (英語). Tresch and Aronow's Cardiovascular Disease in the Elderly, Fifth Edition. CRC Press. pp. 171. ISBN 9781842145449. https://books.google.nl/books?id=OrbNBQAAQBAJ&pg=PA171
  7. What Is Atherosclerosis? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月6日閲覧。
  8. How Is Atherosclerosis Diagnosed? - NHLBI, NIH (英語). www.nhlbi.nih.gov (2016年6月22日). 2017年11月6日閲覧。
  9. Topol, Eric J.; Califf, Robert M. (2007) (英語). Textbook of Cardiovascular Medicine. Lippincott Williams & Wilkins. pp. 2. ISBN 9780781770125. https://books.google.nl/books?id=35zSLWyEWbcC&pg=PA2
  10. Shor, Allan (2008) (英語). Chlamydia Atherosclerosis Lesion: Discovery, Diagnosis and Treatment. Springer Science & Business Media. pp. 8. ISBN 9781846288104. https://books.google.co.uk/books?id=ZEIAhmr7jOMC&pg=PA8

外部リンク

分類
外部リソース
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.