アセチルCoA

アセチルCoA (アセチルコエンザイムエー、アセチルコエー、Acetyl-CoA)は、アセチル補酵素Aの略で、化学式がC23H38P3N7O17Sで表される分子量が809.572 g/mol の有機化合物である。補酵素Aの末端のチオール基酢酸チオエステル結合したもので、主としてβ酸化クエン酸回路メバロン酸経路でみられる。テルペノイドはアセチルCoA二分子の反応によって生じるアセトアセチルCoAを原料とする。消費されない過剰のアセチルCoAは、脂肪酸生合成の原料となり、中性脂肪を生成する(脂肪酸#脂肪酸生合成系参照)。そのため、アセチルCoAの代謝を抑制することで動脈硬化高脂血症を防ぐ研究が進行中である。

アセチルCoA
識別情報
CAS登録番号 72-89-9
PubChem 444493
KEGG C00024
MeSH Acetyl+Coenzyme+A
特性
化学式 C23H38N7O17P3S
モル質量 809.572 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。


代謝

アセチルCoAは、好気性細胞呼吸の第二段階目であるピルビン酸ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体による脱炭酸の時に生成する。この酵素反応はミトコンドリアのマトリックスで起こる。ここで生成したアセチルCoAはクエン酸回路に参加する[1]

クエン酸-ピルビン酸シャトル

ミトコンドリアから細胞質へアセチルCoAを輸送する回路。細胞質に輸送されたアセチルCoAは脂肪酸テルペノイドの生合成などに利用される。

出典[2]
場所基質生成物酵素
ミトコンドリアアセチルCoA + オキサロ酢酸クエン酸クエン酸シンターゼ
輸送体ミトコンドリアから細胞質へクエン酸を輸送
細胞質クエン酸アセチルCoA + オキサロ酢酸ATPクエン酸シンターゼ
(ATPクエン酸リアーゼ)
細胞質オキサロ酢酸 + NADHリンゴ酸 + NAD+リンゴ酸デヒドロゲナーゼ
細胞質リンゴ酸 + NADP+ピルビン酸 + NADPHリンゴ酸酵素
輸送体細胞質からミトコンドリアへピルビン酸を輸送
ミトコンドリアピルビン酸オキサロ酢酸ピルビン酸カルボキシラーゼ
ミトコンドリアピルビン酸 + NAD+アセチルCoA + NADHピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体

脚注

  1. 第5回 5.エネルギーの生産-サイトゾールとミトコンドリア 更新日:2002/04/08 教養部生物学の資料
  2. “Kinetic Simulation of Malate-Aspartate and Citrate-Pyruvate Shuttles in Association with Krebs Cycle”. Journal of biomolecular Structure & Dynamics 33 (11): Figure 2. (2015). doi:10.1080/07391102.2014.1003603. PMID 25559761.

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.