アストライオス

アストライオス古希: Ἀστραῖος, Astraios, : Astraeus)は、ギリシア神話の星空のである。その名は「星の男」の意。

ティーターンクレイオスポントスの娘エウリュビアーの子で、パラースペルセースと兄弟[1][2]エーオースとの間に、西風の神ゼピュロス、北風の神ボレアース、南風の神ノトス、さらに明けの明星エーオースポロスと星々をもうけた[3]アポロドーロスの著作では風と星をもうけたとあり[4]ヒュギーヌスの著作ではゼピュロス、ボレアース、ノトス、ファウォーニウスをもうけたとある[5]

脚注

  1. ヘーシオドス、375行-377行。
  2. アポロドーロス、1巻2・2-2・3。
  3. ヘーシオドス、378行-382行。
  4. アポロドーロス、1巻2・4。
  5. ヒュギーヌス、序文。

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.