アザレアチン

アザレアチン(azaleatin)は、有機化合物の一つ。フラボノイドの一種であるO-メチル化フラボノールである。1956年にリュウキュウツツジ (Rhododendron mucronatum) から初めて単離され[1]、これまでに44のツツジ科ツツジ属 (Rhododendron) の種、ルリマツリ (Plumbago auriculata)、イソマツ科ルリマツリモドキ属Ceratostigma willmottiana[2]ペカン[3]に含まれていることが報告されている。また、クノニア科エウクリフィア属 (Eucryphia) 植物の葉からも発見されている[4]

Azaleatin
識別情報
CAS登録番号 529-51-1
PubChem 5281604
ChemSpider 4444923
日化辞番号 J833H
ChEMBL CHEMBL470848
特性
化学式 C16H12O7
モル質量 316.26 g/mol
精密質量 316.058303 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

化合物名はツツジの英名 azalea に由来する。

配糖体

アザレインはアザレアチンの3-O-α-L-ラムノシドである。

脚注

  1. Wada, E. (1956). “On a Flavonol Glycoside Isolated from Flowers of a White Azalea (Rhododendron mucronatum G. Don)”. J. Am. Chem. Soc. 78 (18): 4725–4726. doi:10.1021/ja01599a052.
  2. Harborne, J. B. (1962). “Plant polyphenols: 5. Occurrence of azalein and related pigments in flowers of Plumbago and Rhododendron species”. Archives of Biochemistry and Biophysics 96 (1): 171–178. doi:10.1016/0003-9861(62)90467-8.
  3. 佐々木 豊作, 三上 雅章「ペカンの成分について (第1報): ペカン樹皮より分離したフラボンについて (Studies on the components of pecan (Carya pecan Engl. & Graebn). I. On the flavon isolated from the bark of pecan)」『藥學雜誌』第83巻第9号、1963年、 897-900頁、 PMID 14085492
  4. Bate-Smith E. C., Harborne J. B. and Davenport S. M. (1966). “Occurrence of Azaleatin and Caryatin in Eucryphia”. Nature 212: 1065-1066. doi:10.1038/2121065a0.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.