アカマタ

アカマタDinodon semicarinatum)は、爬虫綱有鱗目ナミヘビ科マダラヘビ属に分類されるヘビ。

アカマタ
アカマタ Dinodon semicarinatum
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: マダラヘビ属 Dinodon
: アカマタ D. semicarinatum
学名
Dinodon semicarinatum
(Cope, 1860)
和名
アカマタ
英名
Ryukyu odd-tooth snake

分布

日本奄美群島沖縄諸島[1][2]固有種

形態

全長80-170センチメートル[1][2]。頭胴部の一部液浸標本の発見例から、最大全長200センチメートル以上に達すると考えられている[2]。マダラヘビ属最大種[1]。本種が大型化した要因として、本種の生息地にナメラ属が分布しなかったことにより本種がその生態的地位(ニッチ)を占めたとする説もある[1]。背面の体色は黄褐色で、黒褐色と赤褐色の横縞が入る[1]

生態

平地から山地に生息する[1]夜行性[1][2]。性質は荒い[1][2]。毒は無い。

食性は動物食で、哺乳類鳥類、爬虫類、カエル魚類などを食べる[1][2]。小型のハブ[2]、孵化直後のウミガメを襲った例もある[1]

人間との関係

方言名として「マッタブ」がある[2]。沖縄の各地に、アカマタが美男子に化けて女性をだますという伝説がある[3][4]

参考文献

  1. 池田純「アカマタ」『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』千石正一監修 長坂拓也編、ピーシーズ、2002年、324頁。
  2. 松井孝爾 「アカマタ」『動物大百科12 両生・爬虫類』深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 、平凡社1986年、162頁。
  3. 島袋源七『山原の土俗』郷土研究社〈炉辺叢書〉、1929年2月、146-152頁。NCID BN14777805
  4. 日野巌『動物妖怪譚』下、中央公論新社中公文庫〉、2006年12月20日、226頁。ISBN 978-4-12-204792-1。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.