まき餌

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

まき餌(まきえ)とは、釣りを行う際にをおびき寄せるためにまくのこと。

主な材料

おびき寄せるのが目的であるため、冷凍のオキアミアミなど安価なものが使われる。また、魚の視覚嗅覚に訴えるために土やさなぎ粉を混ぜたりもする。

使用方法

サビキ釣りではサビキカゴに入れて使い、チヌ釣りなどではまぜた撒き餌を(しゃく)と呼ばれるひしゃくを小さくしたような道具で仕掛けを投下する付近に投げる。

特徴

メリットは安価で釣果が比較的期待できることだが、デメリットもあり、混ぜるのに手が臭くなったり、外道(対象とする魚以外の魚)まで寄ってきてしまうことである。また、釣りの名所では撒き餌による海底の汚染が問題視されているところもある。

規制

東京都茨城県福井県では、漁業調整規則によってまき餌が禁止されている。(福井県では2020年12月1日より解禁される)[1]

脚注

  1. “まき餌釣り、実は福井や東京で禁止”. 福井新聞. (2020年10月15日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1184898 2020年10月15日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.