びらん剤

びらん剤(糜爛剤、びらんざい、: Blister agent)は、化学兵器の分類の一つであり[1]皮膚気道眼球等を爛れさせる効果を持つ[2]

概要

第一次世界戦において、マスタードガスが大規模に実戦使用され、多数の死傷者を出した[1]。びらん剤の種類は、ジクロロアルシン誘導体とマスタード類の2種に分類される[3]

化学兵器の中では相対的に致死性が低いものの[1]、マスタード類は残留性が高く、場合により数日以上持続する[2]。症状としては、肺水腫結膜炎皮膚での紅斑水疱壊死等を引き起こし、死亡する場合もある[1][3]

皮膚に付着すると激しく爛れるため、ガスマスクだけでは防ぐことができず、防護には全身防護服が必要である[3]

主なびらん剤

出典

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.