ばね定数

ばね定数(ばねていすう、ばねじょうすう、spring constant)は、ばねに負荷を加えた時の荷重を伸びで割った比例定数である。フックの法則にあらわれる。 つまり、力 F と変位 x を用いて、

ばね定数
spring constant
量記号 k
次元 M T 2
種類 スカラ
SI単位 N/m

という関係を満たす定数である。

もっとも一般的なばねである圧縮コイルバネの場合、ばねの寸法とばね定数の関係は次の式のようになる。

:ばね定数 (N/mm)
:荷重 (N)
:変位 (mm)
:ばね材料の横弾性係数(N/mm2=MPa)
:ばねの線径 (mm)
:有効巻き数
:平均コイル径 (mm)

ばねの線径が太いとばね定数は大きい。巻き数が多く、コイル径が大きいと(ばねを伸ばした時の線の長さが長くなると)ばね定数は小さくなる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.