なが餅

なが餅(ながもち、永餅、長餅)は、四日市市の笹井屋が製造・販売するで、を包み、細長く薄く延ばして火で炙った餅菓子[1]

なが餅

茶屋街があった日の名にちなんで、「餅」と命名したという[1][2]。古くは、このような形態の餅は一般に、砥石の形に似ていることから砥餅(ともち)、あるいは、牛の舌に似ていることから牛の舌餅と呼ばれた。

同形態の餅は、三重県内の旧東海道と旧伊勢街道沿いに広く分布し、桑名市には寛永11年創業の安永餅(永餅屋老舗)、四日市市には慶応4年創業の太白永餅(金城軒)があり名物になっている[3]。笹井屋は天文19年(1550年)創業[2]で、現存する店の中では最も古いと考えられる。

脚注

  1. 大橋脩人 (2017年4月18日). “食旅 餅街道中膝栗毛 お伊勢さん菓子博2017 其の二 立石餅 青春時代 懐かしむ味”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 三重版 14
  2. 亀井 2016, p. 182.
  3. 亀井 2016, pp. 181-182.

参考文献

  • 亀井千歩子『47都道府県和菓子/郷土菓子百科』丸善出版、2016年1月25日。ISBN 978-4-621-08975-0。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.