つる割病

つる割病(つるわれびょう)とは、植物の病害の一種。主に、キュウリスイカなどウリ科の植物やアサガオサツマイモなどにフザリウム属病原菌フザリウム・オキシスポラムが感染し、発病する。つる割れ病の一種には、バナナに感染するパナマ病がある。

なお、「つる割病」という名のついた病害のうち、ブドウつる割病のみはPhomopsis viticolaによるもので、症状は文字通り蔓が割れ、萎凋症状を示すものではない。

呼称の似た病害につる枯病があり、似た症状の病害に半身萎ちょう病がある。萎ちょう病は、フザリウム・オキシスポラムによるものだけでなく、イチゴウドなどに感染するバーティシリウム・ダリエ( Verticillium dahliae )に感染した場合もそうよばれる[1]

症状

日中につるがしおれ、下葉から黄変、やがて株全体がしおれて枯死する。に斑点が生じ、褐色のヤニが出る。場合により、カビが生えることもある。

酸性土壌、地温が20 - 30°C近辺で乾湿の差が激しい場合に好発。連作により発病率が増大する。病害の発生した個体は抜き取って処分する。また病原体は土壌に長期間生息するので、発生した圃場の土壌は消毒したり土を処分することが好ましい。

接木は、つる割れ病の予防に効果的である。

事例

20世紀中盤に、当時のバナナの主流であったグロスミッチェルバナナの多くがパナマ病に感染し商業栽培を壊滅状態にした事例が有名である。グロスミッチェルに代わり主流となったキャベンディッシュ種にも、2015年ごろから新パナマ病(Tropical Race 4、略称:TR4)が世界的に蔓延し、食卓からバナナが消えることが危惧されている[2][3][4]

出典

関連項目

  • 青枯病 - つる割病同様、病原菌は土中に長期にわたって潜伏する。よって、接木が有効。
  • フザリウム

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.