ちゃぶ台

ちゃぶ台チャブ台(ちゃぶだい)は、日本で用いられる四本脚の食事用座卓である。一般的に方形あるいは円形をしており、折り畳みができるものが多い。上座下座という上下の関係があまり感じられず、昭和初期の家族の団欒を象徴するシンボルとして取り上げられる[1]1887年(明治20年)ごろより使用されるようになり、1920年代後半に全国的な普及を見た[2]。しかし1960年(昭和35年)ごろより椅子式のダイニングテーブルが普及し始め、利用家庭は減少していった[2]

ちゃぶ台

語源

ちゃぶ台の当て字としては、卓袱台のほか、茶袱台茶部台食机などがあり、その他にも古くは森田草平の『煤煙』や徳田秋声の『黴』で書かれている餉台などがある[3][4]。また、地域によっても呼称は異なり、富山県岐阜県三重県兵庫県佐賀県長崎県熊本県などの一部ではシップクダイ、シッポクダイ、ショップクダイと、岩手県、富山県、岐阜県、滋賀県鳥取県島根県愛媛県などの一部では飯台と呼称される場合がある[4]。茶部台の語源は、お茶を飲む部屋の台から来たとするものなどがある。

語源についても諸説あり、正確にはわかっていない[4]。有力なものとしては中国語でテーブル掛けを意味する卓袱(南中国音ではチャフ)から来たとするもの[5]、同じくご飯を食べることを意味する吃飯(チャフン、ジャブン)から来たとするもの、中国人移民からアメリカへ広まった料理チャプスイ英語: Chop Sui、チョップスウイ、チョプスイ)が元になったとするものなどがある[4]。英語のChop House(簡易食堂)が由来となっているという説もある[6][7]

1870年(明治3年)に仮名垣魯文が著した『萬國航海西洋道中膝栗毛』に既にチャブダイという言葉が西洋料理店の食卓を指す俗語として登場していることから、名称としてはこの頃には広まっていた可能性がある[8]

形状

概ねで脚が何らかの形(折りたたみ等)で収納できるものを卓袱台と呼ぶ。

ちゃぶ台の標準的な形状としては正円形、楕円形、正方形、長方形の4種がある。製作上の無駄が多いことと、日本の住宅事情から長方形の形状をした卓袱台がもっとも多く利用された[9]。円形の物は人数に融通が利くため、重宝された。大きさは直径60cmから240cmまでのものと、豆チャブと呼ばれた直径25cmから30cmくらいのものなどがあった。一般的なちゃぶ台を4人で囲む場合、一人当たりの使用スペースは膳を用いた場合よりも狭くなるが、皿の共有化がなされることで、結果的にゆとりが生じる[10]

高さは15cmから24cmくらいが一般的であったが、これは時代を経る毎に高くなり、現在は30cm前後のものが一般化している[11]

素材は木製ではハリギリ(セン、センノキ)製がもっとも多く、高級なものではケヤキサクラが用いられた。それ以外にもタモマツシオジスギトチノキクリキハダなど様々な材料が使用されている[11]。高度成長期以後はメラミン樹脂も用いられた。塗装には漆塗りや蝋塗り、ニス塗りのほか、化学塗料が使用される。

歴史

前史

撥脚台盤などといった大きな食卓を使う習慣は、奈良時代には既に中国より入っていた。寒さの厳しい中国東北部(旧満州)では、小上がりに炕という(竈の熱を利用した)床暖房があり、その茶の間でちゃぶ台を使って食事をしていた。貴族社会においては同じ階級のものが同一食卓を囲む場合があったが、武士が強い支配力を持つようになると上下の人間関係がより重要視されるようになり、ほぼ全ての社会においてを使用した食事が行われはじめた。

江戸時代に入ると出島などでオランダ人中国人などの食事風景を目にする機会が出るようになり、それらを真似た洋風料理店では座敷や腰掛式の空間に西洋テーブルを置き、食事を供する場が登場しはじめる[12]享保年間以降はこうした形式の料理屋が江戸や京にも出現し始め、そこで用いられるテーブルや座卓を「シッポク台」とか「ターフル台」などと呼称するようになった[13]

ちゃぶ台の普及

映画「めし」昭和26年

明治時代に入ると西洋館の建築などに伴い洋風テーブルの導入が進められた。町にも西洋料理店をはじめ、ミルクホールやビヤホールが生まれ、洋風テーブルの使用がなされるようになった。この頃には西洋料理屋を「チャブ屋」、西洋料理を「チャブチャブ」、そこで用いられるテーブルを「チャブ台」と呼称する俗語が誕生しており、チャブダイという名称は広く知られるようになった[14]

1895年(明治28年)ごろになると折畳み式の座卓に関する特許申請が出るようになり、徐々にではあるが、座卓が家庭へと進出し始めたことが伺える。1903年(明治36年)には『家庭の新風味』において堺利彦が一家団欒という観点から膳を廃し、ちゃぶ台の使用を呼びかけるなど、家庭への浸透が始まった[3]1911年(明治44年)に農商務省が出した『木材の工芸的利用』によれば、ちゃぶ台は東京のみで製造卸50件、販売問屋100件、職人500人、1日3000個の生産があったとされている[15]

ちゃぶ台はこの後、昭和初期までに全国的な普及を見せるが、特に1923年(大正12年)の関東大震災を契機として膳からちゃぶ台へと移行した家庭が多かった[16]

また、膳からちゃぶ台への移行により個人の食器よりも共用食器が増えたことから食器を洗う習慣が見られるようになり、定着したのもこの頃である[17][18]

ちゃぶ台の衰退

ちゃぶ台の生産は1963年(昭和38年)をピークに減少傾向に転じ、生活習慣の変化や洋風化指向の時代の流れに乗って次第にダイニングテーブルへと移り変わっていった[19]。ダイニングテーブルを一般家庭の食卓にいち早く取り入れたのは農家であった。1948年(昭和23年)、GHQの指導により農村の生活改善運動が全国的に展開されると農村の台所事情は変化を見せはじめた。

生活を楽にすることが主とした課題に挙げられ、土間を改善して食事場とし、野良仕事の土足のまま食事ができるようにするテーブルや座敷と土間の境界にテーブルを設けて半々で座る方式などが奨励された[20]。農林省農業改良局が1954年(昭和29年)に出した『農家の台所改善 - 設計の仕方と実例』に既にその具体的手法が紹介されている。

ダイニングテーブルが都市圏へ急激に浸透をはじめるのは1955年(昭和30年)ごろからで、日本住宅公団による集合住宅が販売されるようになってからであった[21]。集合住宅にはダイニングキッチンの概念が取り入れられ、目的に即した利用がなされるよう、テーブルを作り付けにして売り出した。住宅公団は、洋風化のブームに乗りダイニングキッチンを大々的に宣伝し、販売実績を挙げるとともにテーブルの普及促進の役割を果たしたと言える[22]

高度経済成長期に入るとこの流れはますます加速し、1966年(昭和41年)に13.6%だったダイニングテーブルの普及率は1988年(昭和63年)には67.3%となった[23]

脚注

  1. 町田 2006, p. 22.
  2. 小泉 2002, p. 4.
  3. 小泉 2002, p. 92.
  4. 小泉 2002, p. 118.
  5. 岡田 2003, p. 94.
  6. 重富昭夫 『横浜「チャブ屋」物語―日本のムーランルージュ』 センチュリー、1995年。ISBN 4915966070。
  7. 伊川公司 『ハマことば』 神奈川新聞社、2000年。ISBN 4876452938。
  8. 小泉 2002, p. 119.
  9. 小泉 2002, p. 126.
  10. 魚柄 2008, p. 55.
  11. 小泉 2002, p. 127.
  12. 小泉 2002, p. 88.
  13. ここでの卓袱は「中国料理」、ターフルは「オランダ料理」を指した
  14. 小泉 2002, p. 91.
  15. 小泉 2002, p. 93.
  16. 寒川市史
  17. 小泉 2002, p. 97.
  18. 魚柄 2008, p. 56.
  19. 小泉 2002, p. 106.
  20. 小泉 2002, p. 107.
  21. 小泉 2002, p. 108.
  22. 小泉 2002, p. 109.
  23. 経済企画庁『家計消費の動向』 - 主要耐久消費財の普及率(1988年)

参考文献

  • 魚柄仁之助『食べかた上手だった日本人』岩波書店、2008年。ISBN 9784000237796。
  • 岡田哲著『食文化入門』東京堂出版、2003年。ISBN 4490205090。
  • 小泉和子編『ちゃぶ台の昭和』河出書房新社、2002年。ISBN 4309727239。
  • 町田忍『昭和レトロ博物館』角川学芸出版、2006年。ISBN 4046210907。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.