たこまんま

たこまんまとは、北方系のタコであるヤナギダコ卵巣を食品として呼ぶときの北海道太平洋沿岸地域における呼称[1]。マダコの卵である海藤花に相当するが、小卵型のタコ幼生が長期間プランクトン生活を送るマダコと違い、ヤナギダコはイイダコと同様の底生生活の幼体が直達発生する大卵型のタコであるためにずっと大粒の卵である。

北海道の食料品店で売られているたこまんま
たこまんまをバラしたところ
しょうゆ漬けしてあるところ

ヤナギダコの卵は長径5mm、短径3mm程度と、マダコの卵[2]の2倍以上の大きさの回転楕円体型で、色は白色がかっている。生のままだと透き通っているが、茹でると炊いた状(まんま、まま)になるためこう呼ばれる。

イクラと同様に醤油に一日ほど漬け込んで食べるのが一般的。美味であり、値段はイクラよりもはるかに安いが、見た目で敬遠する人もいる。カマボコ塩辛澄まし汁などに加工することもできる[1][3]

脚注

  1. 北の珍味たこまんま、姿と味のギャップに驚き (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年3月20日閲覧。
  2. 長径2.5mm、短径0.5mm程度
  3. 日高の水産 まるごと情報館

外部リンク

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.