この人を見よ

この人を見よ』(原題:Ecce homo)は、フリードリヒ・ニーチェが発狂する直前の1888年11月4日に原稿が完成していた自伝[1][2]。ニーチェの存命中に出版される予定だったが出版社が保留していて、ニーチェの死から8年後の1908年に妹のエリーザベト・フェルスター=ニーチェの合意に基づき出版した[1]

この人を見よ
Ecce homo
ニーチェの原稿タイトルページ
著者 フリードリヒ・ニーチェ
訳者 安倍能成
発行日 1908年(限定出版)、1911年(公刊)
発行元 ライプツィヒのインゼル書店
ジャンル 哲学自伝
ドイツ帝国
言語 ドイツ語
ウィキポータル 哲学
[ ウィキデータ項目を編集 ]

なぜ自身が賢明かを皮肉を交えつつ自画自賛を述べ、同時に『悲劇の誕生』や『ツァラトゥストラはこう語った』など、それまでに出されたニーチェの著作を自ら総括している。題名のラテン語“Ecce homo”は新約聖書ヨハネによる福音書』の19章5節から引用されたものである。

参考文献

  • ニーチェ、西尾幹二 『この人を見よ』 新潮文庫[3]、1990年6月。ISBN 978-4102035078。改版2015年
  • 工藤綏夫 『ニーチェ』 清水書院〈Century Books 人と思想22〉、1967年12月。新装版2014年9月、ISBN 978-4389420222
  • ニーチェ、西尾幹二訳 悲劇の誕生 中公クラシックス、2004年1月。ISBN 978-4121600622。

他の日本語訳

脚注

  1. 西尾幹二「解説」(新潮 1990, pp. 215-222
  2. 「年譜」(悲劇 2004, pp. 263-273
  3. 元版は白水社版・第2期「ニーチェ全集 第4巻」、なお旧新潮文庫版は阿部六郎訳
  4. 初版は1969年、旧岩波文庫版は安倍能成

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.