かぐや姫 竹御殿

かぐや姫 竹御殿(かぐやひめ たけごてん)は京都市西京区松尾にある建築物。金閣寺を模して作られた竹の御殿である。

かぐや姫 竹御殿
エントランス
情報
設計者 長野清助
構造設計者 長野清助
設備設計者 長野清助
施工 長野清助
建築主 長野清助
管理運営 個人
高さ 約10m
着工 昭和初期(客殿)
改築 1950年頃に御殿を増設
所在地 615-8287
京都市西京区松尾万石町51
座標 北緯34度59分32.3秒 東経135度41分9.5秒

概要

豊かな竹林が広がり、竹取物語の舞台とも言われる京都松尾の地に、竹工の名人・長野清助が27年の歳月をかけて独力で建造した。

現在は占い師をしている親族が管理しており、一般公開されている。願い事を書いた色紙で折鶴を折って、竹御殿の中に安置されたかぐや姫像に捧げると、願い事が叶うという。

鈴虫寺苔寺地蔵院などの名所が散在するこの地において、独特の存在感をかもし出している。

交通アクセス

京都市西京区松尾万石町

不定休(ただし、休日・祝日は開いている場合が多い。確実に行きたい場合は事前予約が必要)

マスコミ放映など

NHK大阪ちょっといい旅』「竹林に祭りばやし流れて~京都・洛西~」1994年9月放送

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.