かくも長き不在

かくも長き不在』(かくもながきふざい、Une aussi longue absence)は、1961年フランスのドラマ映画。同年ルイ・デリュック賞及び第14回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している。

かくも長き不在
Une aussi longue absence
監督 アンリ・コルピ
脚本 マルグリット・デュラス
ジェラール・ジャルロ
製作 クロード・イエーガー
アルベルト・バルサンティ
出演者 アリダ・ヴァリ
ジョルジュ・ウィルソン
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
主題歌 コラ・ヴォケール
三つの小さな音符
撮影 マルセル・ウェイス
編集 ジャクリーヌ・メピエル
ジャスミン・チェスニー
製作会社 プロシネックス
配給 Cocinor
東和/ATG
公開 1961年5月17日
1964年8月14日
上映時間 98分
製作国 フランス
イタリア
言語 フランス語

主題歌は「三つの小さな音符」(作詞:アンリ・コルピ、作曲:ジョルジュ・ドルリュー、歌:コラ・ヴォケール)である。

日本では1964年に公開され、キネマ旬報の「外国映画ベスト・ワン」に選出された。VHS版およびレーザーディスク版は発売されたことがあるものの、その後20余年、DVD化はされていなかったが、2018年3月23日に初めてDVDおよびBlu-rayが発売された[1][2][3]

ストーリー

パリ郊外でカフェを営むテレーズはある日、店の前を通る浮浪者に目を止める。その男は16年前にゲシュタポに強制連行され、行方不明になった彼女の夫アルベールにそっくりであった。テレーズはその男とコンタクトをとるが、その男は記憶喪失だった。

キャスト

出典

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.