Ѿ

Ѿ, ѿは、初期キリル文字の一つで、現在は使用されていない。ѠТとを水平に記述した合字が起源である。

この項目に含まれる文字Ѿは、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
ЂЕЁЀЄЖЗ
ЅИІЇЙЍЈ
КЌЛЉМНЊ
ОПРСТЋУ
ЎФХЦЧЏШ
ЩЪЫЬЭЮЯ
非スラヴ系文字
ӐӒӘӚӔҒӶ
ҔӖӁҖӜҘӞ
ӠӢӤҊҠҚҞ
ӃҜӅӍҢӉӇ
ҤӨӦӪҦҎҪ
ҬҴӲӮҮҰӰ
ҲӾҺҶӋҸӴ
ҨҼҾӸҌӬӀ
初期キリル文字
ҀѸѠѾѺѢ
ѤѦѪѨѬѮѰ
ѲѴѶ
キリル文字一覧

古代教会スラヴ語や、古代東スラヴ語において、しばしば отъ(from)と綴られていた。

呼称

音素

отъ と等価。

諸事項

  • 古代教会スラヴ語отъ は「…から」という意味の前置詞である。ロシア語のотに相当する。
  • この文字に関する正式な名前、発音などは、現時点では判明していない。
  • 以下のような字形もあった。

符号位置

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Ѿ U+047E Ѿ
Ѿ
ѿ U+047F ѿ
ѿ
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.