Я

Я, я は、キリル文字のひとつ。ІА合字が起源で、1708年ピョートル1世の文字改革により独立した文字となった。また、ІА合字の筆記体から作られた文字であり、ラテン文字R とは関係のない文字である。

キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
ЂЕЁЀЄЖЗ
ЅИІЇЙЍЈ
КЌЛЉМНЊ
ОПРСТЋУ
ЎФХЦЧЏШ
ЩЪЫЬЭЮЯ
非スラヴ系文字
ӐӒӘӚӔҒӶ
ҔӖӁҖӜҘӞ
ӠӢӤҊҠҚҞ
ӃҜӅӍҢӉӇ
ҤӨӦӪҦҎҪ
ҬҴӲӮҮҰӰ
ҲӾҺҶӋҸӴ
ҨҼҾӸҌӬӀ
初期キリル文字
ҀѸѠѾѺѢ
ѤѦѪѨѬѮѰ
ѲѴѶ
キリル文字一覧

呼称

音素

原則として /ja/ を表す。

  • ロシア語モスクワ方言では強勢のない時 /ji/ になる。

アルファベット上の位置

ロシア語の第 33 字母、ウクライナ語の第 33 字母、ブルガリア語の第 30字母[1]ベラルーシ語の第 32 字母であり、これらの語の最後の字母である。

Я に関わる諸事項

  • ロシア語では、この文字一文字は英語の『I』と同じ意味の単語 (一人称単数形主格) である (英語と違い、小文字でも表記される)。
  • ロシア語では、常に硬音である ж, ш, ц , 常に軟音である ч, щ, 軟口蓋音の г, к, хの後ろには外来語を除いて来ない (これは цы を除いてЫ, Юも同じ)。しかし、ц と同じ音価を表す тс, тьс の後ろに来たときは/tsə/と発音される。これは再帰動詞化の接尾辞 сят, ть で終わる動詞に結合された場合に現れる。
  • セルビア語マケドニア語では用いられない。
  • 過去に同じ音を持った字には他に Ѧ がある。
  • ロゴなどで、ラテン文字の R の鏡文字として扱われることがある (偽キリル文字)。三菱RVR のロゴは「ЯVR」と表記されている。また、トイザらスのロゴも「ToysЯus」となっている。
     :

符号位置

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Я U+042F 1-7-33 Я
Я
я U+044F 1-7-81 я
я

脚注

  1. Ѝを入れると第 31 字母目となる。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.