Э

呼称

音素

原則として /e/ を表す。 しかし、モルドバ語においては /ə/ を表す。

アルファベット上の位置

ロシア語の第 31 字母ベラルーシ語の第 30 字母である。

Эに関わる諸事項

  • フォントデザインなどにより、中央の線は「~」のように波型になることがある。
  • ロシア語では Е が口蓋化して /je/ を表すようになったため、口蓋化のない /e/ を表すために Э が使われる。固有語では語頭のみに現れる(例: этот 「この」)。借用語では主に語頭か他の母音の後ろに現れる /e/Э で表し(例: элемент「元素」、поэт「詩人」)、それ以外の位置では固有名詞を除いて е/e//je/ を兼ねることが多いが、比較的最近の借用語では例外も少なくない。
  • ウクライナ語ブルガリア語では用いられず、/e/Еで表し、/je/Єで表す。
  • 日本語のキリル文字表記では、エ段の母音にこれが使われる。
  • 朝鮮語のキリル文字表記ではに使う(には Е を使う)。

符号位置

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Э U+042D 1-7-31 Э
Э
э U+044D 1-7-79 э
э
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.