Н

Н, н は、キリル文字のひとつ。ラテン文字H と大文字が同形であるが、ラテン文字の H(エイチ)がギリシャ文字Η(イータ)に由来するのに対し、この字はギリシャ文字の Ν(ニュー)に由来する文字で、ラテン文字の N に相当する。また、小文字は大文字をそのまま小さくした形である。現在の字形になる前は N のように書かれていた。

キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
ЂЕЁЀЄЖЗ
ЅИІЇЙЍЈ
КЌЛЉМНЊ
ОПРСТЋУ
ЎФХЦЧЏШ
ЩЪЫЬЭЮЯ
非スラヴ系文字
ӐӒӘӚӔҒӶ
ҔӖӁҖӜҘӞ
ӠӢӤҊҠҚҞ
ӃҜӅӍҢӉӇ
ҤӨӦӪҦҎҪ
ҬҴӲӮҮҰӰ
ҲӾҺҶӋҸӴ
ҨҼҾӸҌӬӀ
初期キリル文字
ҀѸѠѾѺѢ
ѤѦѪѨѬѮѰ
ѲѴѶ
キリル文字一覧

呼称

音素

原則として /n/ を表す。

アルファベット上の位置

ロシア語・ベラルーシ語の第 15 字母、ウクライナ語の第 18 字母、ブルガリア語の第 14 字母、マケドニア語の第 17 字母、セルビア語の第 16 字母である。

Н に関わる諸事項

  • 前述のとおり古くは N のように書かれていたため、看板等で擬古的な書体が用いられる場合、この文字が N のように書かれることがある。なお、И も古くは H のように書かれていたが、こちらは紛らわしいためか擬古的な書体でも И と書かれることが多い。
  • キリル文字のҺは別字である。

符号位置

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Н U+041D 1-7-15 Н
Н
н U+043D 1-7-63 н
н
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.