Д

Д, д は、キリル文字の第5ないし第6字母である。ギリシャ文字Δ(デルタ)に由来し、ラテン文字Dに相当する。対応するグラゴル文字(ドブロ)である。

キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
ЂЕЁЀЄЖЗ
ЅИІЇЙЍЈ
КЌЛЉМНЊ
ОПРСТЋУ
ЎФХЦЧЏШ
ЩЪЫЬЭЮЯ
非スラヴ系文字
ӐӒӘӚӔҒӶ
ҔӖӁҖӜҘӞ
ӠӢӤҊҠҚҞ
ӃҜӅӍҢӉӇ
ҤӨӦӪҦҎҪ
ҬҴӲӮҮҰӰ
ҲӾҺҶӋҸӴ
ҨҼҾӸҌӬӀ
初期キリル文字
ҀѸѠѾѺѢ
ѤѦѪѨѬѮѰ
ѲѴѶ
キリル文字一覧

字形

筆記体は、(大文字小文字それぞれ)ラテン文字の「D」と「g」の筆記体に似る[1]

イタリックの小文字は「」に似た独特の形をとる[1]。ただしセルビア語では小文字は、ラテン文字の「g」のイタリックに似る。

左から、ローマン体、ロシア語でのイタリック、セルビア語でのイタリック。いずれも小文字。

フォントによっては、上辺の筆画がない三角形の字形を取る。

由来

ギリシア文字Δ δ(デルタ)に由来する。デルタは古ギリシア語で[d]と発音され、新ギリシア語で[ð]と発音された。デルタはフェニキア語𐤃(ダレト)に起源を持つ。

呼称

音価

アルファベット上の位置

符号位置

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Д U+0414 1-7-5 Д
Д
д U+0434 1-7-53 д
д

出典

  1. 木村彰一 他編『博友社ロシア語辞典』博友社 1975、p.1490

参考文献

  • (ウクライナ語) Сучасна українська мова / О. Д. Понаморів, В. В. Різун та ін.; За ред. О. Д. Понаморева. — 2-ге вид., перероб. — К.: Либідь, 2001.(O・ポノマリーウ編『現代ウクライナ語』第2版、キエフ、2001)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.