Φ

Φ, φ(ファイ、フィー、古代ギリシア語: φεῖ ペーギリシア語: φι フィ英語: phi)は、ギリシア文字の第21番目の文字。ギリシア数字の数価は500。

ギリシア文字
Ααアルファ Ννニュー
Ββベータ Ξξクシー
Γγガンマ Οοオミクロン
Δδデルタ Ππパイ
Εεエプシロン Ρρロー
Ζζゼータ Σσςシグマ
Ηηイータ Ττタウ
Θθシータ Υυウプシロン
Ιιイオタ Φφファイ
Κκカッパ Χχカイ
Λλラムダ Ψψプシー
Μμミュー Ωωオメガ
使われなくなった文字

()
ディガンマ サン
ヘータ ショー
ギリシアの数字
スティグマ
()
サンピ

()
コッパ

キリル文字Фはこの文字に由来する。

音声

古代ギリシア語では無声両唇破裂音の帯気音 /pʰ/、現代ギリシア語では無声唇歯摩擦音 /f/ を表す。摩擦音への変化がいつごろ起きたかは正確にはわからないが、ビザンチン時代には摩擦音になっていたようである[1]

起源

古代ギリシア語には3つの帯気音 /pʰ tʰ kʰ/ があった。このうち/tʰ/にはフェニキア文字を転用することができたが(θ)、それ以外は適当なフェニキア文字が存在しなかった。クレタ島およびその周辺のテーラーメーロスでは文字を追加せず、/pʰ/ の音は単に「Π」と書くか、または「ΠΗ」の2文字で表記したが[2]、それ以外の地域では新たに「Φ」の字を追加した。

この文字の起源については議論が分かれる。古代の文字名称はペー(φεῖ)で、この名は明らかに「π」からの類推によってつけられた[3]。紀元前4世紀の末に ει/iː/ と発音されるようになり、その影響で文字名称も φῖ とされることが普通になった。近代西洋諸言語の名はそれにもとづく[3]

記号としての使用

類似の文字・記号

符号位置

Unicodeでは小文字の「φ」に U+03C6 (GREEK SMALL LETTER PHI)と U+03D5 (GREEK PHI SYMBOL) の2つの符号位置が割り当てられている。Unicodeバージョン3.0以降は、前者が一筆書きの、後者が丸に斜線を引いたの字形に対応するが、それ以前は割り当てが逆だった。この変更は現代ギリシア語において一筆書きのが通常用いられる字形であることによる。フォントによっては古いバージョンのUnicodeに従い逆の字形になっていることがある[4]

JIS X 0213では小文字のファイは1-6-53にあり、例示字形は丸に斜線の形になっているが、U+03C6の方に対応することになっている。

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Φ U+03A6 1-6-21 Φ
Φ
Φ
φ U+03C6 1-6-53 φ
φ
φ
記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
ϕU+03D5-ϕ
ϕ
GREEK PHI SYMBOL

TeXでは\phiで丸に斜線のを、\varphiで一筆書きのを表す。

脚注

  1. Allen (1987) pp.18-26
  2. Threatte (1996) p.272
  3. Allen (1987) p.170
  4. “Representative Glyphs for Greek Phi” (PDF). UTR #25: Unicode support for mathematics. http://unicode.org/reports/tr25/#_Toc231

参考文献

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558
  • Leslie Threatte (1996). “The Greek Alphabet”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 271-280. ISBN 0195079930
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.