Å

文字名称は、Unicodeでは「latin capital letter a with ring above」「latin small letter a with ring above」、JIS X 0213 では「上リング付きA」「上リング付きA小文字」。

Åå Åå
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
EeFfGg HhIiJj
KkLlMm NnOoPp
QqRrSs TtUuVv
 WwXx YyZz 

Å, å は、Aリング符号を付した文字

言語での使用

現在、ノルウェー語デンマーク語スウェーデン語アイスランド語は除く)で用いられる文字である。

音価は円唇後舌半広母音 [ɔ]、またはその長母音 [ɔː]。ただし、スウェーデン語で長母音の場合のみ半狭母音 [oː] となる。

古くは aa と綴られてきた音であり、 å を表示できない環境や一部の地名などでは、現在でも aa と書かれることがある。

フィンランド語ではスウェーデン系の人名・地名用字として用意されている。この文字は ruotsalainen o(スウェーデンの o)と呼ばれる。

ほかに、バイエルン語オーストリア語)、ワロン語フランス語ベルギー方言)やチャモロ語グアムサイパンなどのマリアナ諸島の言語)でも使われている。

呼称

  • デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語: オー [ɔː], [oː]
  • フィンランド語: ruotsalainen o(ルオッツァライネン・オー)

単独での意味

スウェーデン語強制反対のキャンペーンロゴ。

符号位置

オングストロームの単位記号 "" はこの文字に由来するが、UnicodeJIS X 0213ではそれぞれ別の文字として定義されている。Unicodeのオングストローム記号は、既存の文字コードとの互換性のために用意されている互換文字であり、Unicode標準ではこの文字の代わりに「リング付きの大文字A」を使うことを推奨している[1]

大文字UnicodeJIS X 0213文字参照小文字UnicodeJIS X 0213文字参照備考
Å U+00C5 1-9-28 Å
Å
Å
å U+00E5 1-9-59 å
å
å
記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
U+212B1-2-82Å
Å
オングストローム

脚注

  1. The Unicode Standard, Version 8.0. Mountain View, CA, USA: The Unicode Consortium. (August 2015). ISBN 978-1-936213-10-8. http://www.unicode.org/versions/Unicode8.0.0/ch22.pdf 2015年9月6日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.