ジアフェニルスルホン

ジアフェニルスルホン(正確にはジアミノジフェニルスルホン、diaminodiphenyl sulfone; DDS)[1]は、薬学的には合成抗菌剤・免疫抑制剤の一つ、工業的にはエポキシ樹脂の硬化剤である。医薬品での商品名はレクチゾール(田辺三菱製薬製造販売)、欧米ではダプソン(Dapsone)の名で知られる。

ジアフェニルスルホン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 レクチゾール
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682128
胎児危険度分類
    法的規制
    • 処方箋医薬品(日本), ℞-only (U.S.), POM (UK)
    投与方法 経口(日本では外用はない)
    薬物動態データ
    生物学的利用能 70 〜 80%
    血漿タンパク結合 70 〜 90%
    代謝 肝代謝 (主に CYP2E1による)
    半減期 20 to 30 hours
    排泄 腎排泄
    識別
    CAS番号
    80-08-0 
    ATCコード D10AX05 (WHO) J04BA02 (WHO)
    PubChem CID: 2955
    DrugBank DB00250 
    ChemSpider 2849 
    UNII 8W5C518302 
    KEGG D00592  
    ChEBI CHEBI:4325 
    ChEMBL CHEMBL1043 
    化学的データ
    化学式 C12H12N2O2S
    分子量 248.302 gmol−1

    薬理

    • ジアフェニルスルホンは、サルファ剤のひとつである(ただし、スルホンアミドではない)。DDSは葉酸生合成系のうちジヒドロプテロイン酸合成酵素の基質であるパラアミノ安息香酸に構造的に類似しており、競争阻害物質としてジヒドロプテロイン酸合成を阻害する。これにより葉酸代謝物であるテトラヒドロ葉酸を不足させ、結果的にプリンとチミジンの核酸新規合成を停止させることによって、病原微生物のDNA合成とRNA合成を阻害し静菌的に作用する。細菌のみならず真菌や原虫にも効果を示すが、ヒトは葉酸の生合成系を欠いているため、サルファ薬は病原体にのみ選択的に作用する。日本で感染症としてはハンセン病のみに適応を持つ。
    • 抗炎症作用としては、好中球における活性酸素種の産生低下、マクロファージにおけるインターロイキン-1α/β、インターロイキン-6、TNF-αの産生低下を起こし、皮膚の炎症症状を改善させるものと考えられている。

    適応症

    • 適応外ではあるが、皮膚結節性多発動脈炎、アナフィラクトイド紫斑、皮膚アレルギー性血管炎、蕁麻疹様血管炎などの血管炎、線状IgA水疱症や粘膜類天疱瘡などの水疱症、好酸球性膿疱性毛包炎や角層下膿疱症などの無菌性膿疱性疾患群、壊疽性膿皮症やSweet病ベーチェット病などの好中球性疾患、顔面播種状粟粒性狼瘡や環状肉芽腫などの肉芽腫症、皮膚筋炎の皮膚症状や、円板状エリテマトーデス、亜急性皮膚エリテマトーデスなどの膠原病、集族性ざ瘡、急性痘瘡状苔癬状粃糠疹などにも効果を示す。

    工業用途

    芳香族ポリアミンとして一般的な化学種であり、エポキシ樹脂の硬化剤として用いられる。主な用途はガラスエポキシ基板の製造である。他のポリアミン硬化剤と比較して耐熱性に優れる。

    相互作用[2]

    副作用[2]

    歴史

    ジアフェニルスルホンはフランスのエルネスト・フルノー[3] と、イギリスのグラッドウィン・バトル(Gladwin Buttle)[4] により、それぞれ独自に発見された[5]

    その後、誘導体のグルコスルホンナトリウムが「プロミン」の名でハンセン病治療薬として実用化され、絶大な効果を上げたが、注射製剤としてしか使えないことなどから現在では錠剤として使えるDDSの方が用いられる。

    脚注

    1. Thomas L. Lemke (2008). Foye's Principles of Medicinal Chemistry. Lippincott Williams & Wilkins. p. 1142. ISBN 9780781768795. https://books.google.ca/books?id=R0W1ErpsQpkC&pg=PA1142.
    2. レクチゾール錠25mg、田辺三菱製薬、2015年12月19日閲覧
    3. Fourneau, E.; Tréfouël, Th. et J.; Nitti, F.; Bovet, D. (1937). “Action antistreptococcique des dérivés sulfurés organiques” (フランス語). Comptes rendus de l'Académie des sciences 204: 1763. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k31562/f1763.image.
    4. Buttle, G.A.H.; Stephenson, D.; Smith, S.; Dewing, T.; Foster, G.E. (June 1937). “Treatment of streptococcal infections in mice with 4:4'diamino-dipheni-sulphone”. Lancet 229 (5936): 1331–4. doi:10.1016/S0140-6736(00)75868-5. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2800%2975868-5/abstract.
    5. Leprosy | 14 History of dapsone and dyes”. 2009年2月24日閲覧。 (1937)

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.